事前のオープン準備

キッチンカーのオープンのスケジュールで、6ヶ月〜8ヶ月の間に、コンセプトや車の状態などから、必要な設備や工事内容を割り出しましょう。

仕入れにかかる予算なども計上します。9ヶ月目は、いろいろなモノを揃えましょう。

食材の鮮度や味は自分の五感で確かめることが大切。もちろん予算との兼ね合いで妥協する必要もあると思います。

そこは柔軟に考えましょう。フードを入れる容器や雑貨などの包装紙のデザイン、価格などは、少しでも安くできないかを調べなければなりません。

やっておきたいこととして、食材は必ず自分の目で確認することです。近所のスーパーや八百屋さんを周りましょう。

10ヶ月目は、お金の準備をしっかりとする時期となります。自己資金が不足している場合は、作成した開業計画書をもとに借り入れを申し込みましょう。

初期投資はできるだけ抑えるのが大切です。しかし、車の内外装をプロに任せる場合は、お互いに納得できるまで話し合うことが大切です。

ここでやるべきことは、開業資金を計算して、借入先を調べることです。また、開店直後に必要なお金と、売上目標を出しましょう。

車の内外装を業者に任せる場合は、予算をもとに相談、見積もりをしてから、正式に依頼します。

11ヶ月〜12ヶ月は、オープン直前となります。店名を決めて、ロゴや看板を作りましょう。

メニューや調理手順、接客の方法などを確認して、お店のルールを決めていきます。

オープンの予定日直前にはチラシ、SNSなどで宣伝をしましょう。あとは本番まで、練習を重ねることです。

所管する保健所に営業申請を出します。仕入れ手順、在庫管理などをチェックします。近隣の人、キッチンカー仲間に挨拶をします。

美味しい料理を楽しく販売>>>トップへ