キッチンカーは大変なことや不便なこともありますが、だからこそ、人との交流が生まれるともいえます。

自分の売っているものに自信を持って、楽しみながら、そして一生懸命に続けることが大切です。

博多は、キッチンカーというよりも、屋台が定着している町です。ビル群のある天神、中洲、長浜地区と屋台の灯りが目立ちます。

現在は、福岡市には200軒以上の屋台があると言われています。多くの市民から支持されています。

また、観光客にも人気で、福岡名物になっています。庶民にも気軽に利用できるという点がとても魅力です。

衛生面や道交法の問題から、屋台の全面廃止を提案されたこともありましたが、博多の屋台の経営者たちの粘り強い交渉のおかげで、屋台の存続が決まりました。

現在、博多の屋台は、営業時間を守る、2メートル以上の歩道幅を確保すること、料金表を掲示すること、出店場所を清掃するといったことなど、さまざまな規定を守ることで営業を許可されています。

ただし、営業は一代限りという規定があります。そのため、y帯存続への危機が心配されています。

博多の屋台の基本は、リアカータイプです。機能的な収納など、それぞれ個性的な工夫もしています。

赤ちょうちんやのれんも、さまざまな自慢料理が伺えます。キッチンカーの始まりは、江戸時代までさかのぼります。

江戸初期には、車輪のついた屋台はまだ普及していません。時代劇などで見ることがある、担ぐタイプです。

夜鳴きそばと呼ばれるそば売りがいました。車輪がついた屋台が登場するのは、18世紀の中頃です。

その他にも、寿司や天ぷらなども販売されていたといいます。営業は日没とともに出店というスタイルでした。

美味しい料理を楽しく販売>>>トップへ