キッチンカーなら低資金ではじめられてマイペースに働けるということを知って自ら副業でチャレンジしてみたいと決意した人がいます。週末や長期休暇中だけですが自分のアイディアで喜んでくれる人がいることを実感できて楽しいと話すIさん。彼女のようなキッチンカー副業家が日本全国で増えそうです。2019年、政府による働き方改革の推進によって少しずつ兼業や副業に興味をもつ人が増えてきました。より多くの収入を得るために本業以外の仕事を行うことで本業がおろそかになる、といった不安なイメージを抱く人も多いかもしれませんが本当にそうでしょうか。現に政府が個人の副業や兼業を推進する理由は「子育てや介護と仕事の両立する手段になる」「副業・兼業が新たなスキルの開発になる」「オープンイノベーションや起業の手段になる」「第2の人生の準備に有効」と前向きなもの。企業側も従業員の希望に応じて副業や兼業を認める方向で検討しはじめている現代でそのチャンスを活かせるかどうかは個人の力量次第と言えそうです。