キッチンカーを出店する場合も、損益分岐点の計算を行っておくべきだと言えます。これを実施しておくことで、いくら利益を出せば黒字になるのか知ることが可能です。

損益分岐点は固定費と変動費が分かっていれば計算することができます。何がどちらに含まれるのか迷ってしまう人が多いですが、人件費や駐車場料金、保険料や通信費、広告宣伝費や車両費は固定費です。変動費には材料費や水道光熱費、出店費やガソリン代などが含まれますが、特別なイベントのときだけアルバイトを雇うときは人件費の一部も変動費となります。

変動費を売上高で割ったものを1から引き、固定費を算出した値で割ったものが損益分岐点です。明確にしておくことで、どのくらいの売上を目指すべきか把握できるようにしておきましょう。