キッチンカーは食べ物を扱うお店です。衛生管理を徹底して、つねに清潔に保つことが必須となります。調理方法や食材、栄養バランスと必要な専門技術を習得するのも大事なことです。

キッチンカーを開業するにあたっては、食品衛生責任者の資格が必要です。栄養士や調理師、製菓衛生師などに該当する人ならば講習をうけなくてもなれますが、新たに取得する場合でも、保健所で所定の講義を受ければ資格認定書が交付されます。

講習内容は、食品衛生法の概要、食中毒や消毒、滅菌、添加物の基礎知識などといったものの説明が中心となります。食品衛生責任者は、難しい作業を求められるわけではないのですが、万が一、食中毒などが起きてしまった場合には、管理責任が発生します。

普段から衛生面の徹底が不可欠です。認定証は、取得した都道府県のみで有効となります。